| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

77歳の老兵旅客機 ダグラスDC-3 神戸~大阪を飛行

2017年05月21日(日)

世界一周の旅を続けるブライトリングのDC-3が神戸空港に寄航し、神戸空港~大阪市内を巡るフライトを行いました。
_X9C67571000.jpg
微妙にルートが変わる往路復路とも見られる、空の開けた場所ということで、撮影地を北港ヨットハーバーとしました。
近づいてくると、レシプロ機独特のスポーツカーのようなエンジン音が響き、聞き慣れた旅客機のエンジン音とは明らかに違っていました。
同機は明日、福島へ向けて旅立ちます。

拍手ありがとうございます!

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

和歌山県 煙樹ヶ浜~白崎海洋公園サイクリング

2017年05月08日(月)

今日は和歌山県美浜町にある煙樹ヶ浜から、由良町の白崎海洋公園までの海沿いサイクリングを楽しみました。
IMG_82661000.jpg


最高の天気に恵まれた煙樹ヶ浜からスタート。
IMG_81471000.jpg
まずは向こうに見える小高い山の上にある、日ノ御埼燈台を目指します。

灯台へ向かう山道にさしかかると、序盤は大した勾配は無く一定のペースで登れましたが、灯台へ近づくにつれ勾配がきつくなって、最後のヘアピンカーブを勾配の緩い側を選びつつ、ゆるゆる登りました。
IMG_82271000.jpg

そんなこんなでようやく日ノ御埼燈台到着!!
IMG_81671000.jpg
あれ!? 思ってたのと違う。 
しかも灯台はバラバラに解体された残骸に。

IMG_81681000.jpg


IMG_81791000.jpg


IMG_81771000.jpg

グーグルマップで調べると、新しく舗装された道を少し下ったところにそれらしい施設があるのが確認できました。
なんでも、旧の灯台には崩落の危険性がある箇所が確認されたため、今年2017年に移設されたらしいです。
新しい立派な灯台がありました。
IMG_82081000.jpg
今日は風が強く、風車がブォンブォンと不気味な音を立てて回転していました。

灯台からの眺めは最高!
登りでオーバーヒートした身体に吹き上がる海風が心地良いです。
IMG_81931000.jpg

クールダウンできたところで一気に山を下り、ゴールヘ進路をとります。
あれだけ頑張って登ったのに、下りは5分もかからないくらいでふもとへ。

途中で「クヌッセン機関長救命艇保管庫」へ立ち寄りました。
IMG_82371000.jpg
昭和32年2月、神戸へ向け航行中のデンマークのエレン・マークス号がこの付近の海で炎上している高砂丸を発見し、冷たく荒れ狂う海に自らの命を顧みず救助のため海に飛び込んだ、ヨハネス・クヌッセン機関長の尊い犠牲を後世に伝える施設です。
館内にはその時使用されたエレン・マークス号の救命艇が展示されています。


海岸沿いの道は小さな岬を越えるたびに登りが続き、下ると集落が現われる感じでいくつもの岬と集落をつないで、ようやく由良の町が見えてきました。
造船業が盛んな由良の町には大きなタンカーがドック入りしているのが見えました。
IMG_82411000.jpg

海上自衛隊の由良基地にはSH-3ヘリコプターが展示されています。
IMG_82481000.jpg

造船所の正面側まで来ると、面白い光景が。
IMG_82511000.jpg
改めて船の大きさが分かりました。

由良の町外れに石碑を発見。
IMG_82861000.jpg
第二次世界大戦末期の昭和20年夏、この由良にも基地が有ったことで米軍機の激しい空襲に見舞われました。
当時この由良の防空に孤軍奮闘した、海防艦第30号の艦長以下66名の犠牲を慰霊するものだそうです。


ようやくゴール地点の白崎海岸が見えてきました。
IMG_82551000.jpg

ここまで迷う事無く来られたのは、GPSのナビを使ったのもありますが、道にはこのように「b-ライン」と呼ばれる青いラインが100mおきに引かれており、交差点など曲がる箇所にはすべて矢印が示してあって、全く迷う心配がありませんでした。
IMG_82751000.jpg
トイレも道沿い至るところに整備されており、サイクリングには最高の環境でした。

白崎海洋公園到着。
IMG_82801000.jpg


24016549825434134.jpg
本日の走行距離 35.33km

拍手ありがとうございます!!

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

名鉄1200系 パノラマスーパーの旅

2017年04月26日(水)

今日は、かねてよりの念願だった名鉄パノラマカーに乗って、岐阜から豊橋への乗り鉄旅をしてきました。
IMG_79751000.jpg
窓口で特別車両券ミューチケットで一番前の展望席を購入。平日という事もあり、岐阜から名古屋までは貸切状態でした。
あいにくの天気ですが、窓が大きいので車内は思った以上に明るい空間です。
IMG_79771000.jpg

IMG_2102_190.jpg
雨が勢いよく流れる迫力の展望ですが、景色がよく見えません(笑) 
しかしこのあとすぐに雨は止み、名古屋から豊橋までは良い眺めでした。


豊橋では駅から徒歩10分の有名なカレーうどんの店「勢川本店」て゛豊橋カレーうどんを堪能。
IMG_79871000.jpg
ここのカレーうどんは、普通のカレーうどんの下にご飯が盛られてあり、一皿で二度美味しい仕掛けになっています。


カレーうどんの後は豊橋駅へ戻り、豊橋鉄道市内線に乗って日本一の急カーブ、通称「井原カーブ」を見に行きました。
IMG_79911000.jpg
井原電停から運動公園へ向かう線路は交差点を約90度曲がり、そのカーブはなんと半径11m!!
IMG_79931000.jpg
ADVANのラッピングも映える迫力のドリフト!?  パンタグラフが架線から外れそうになってます。

ひとつ手前の電停「競輪場前」には2両で満車の小さな車庫がありました。
IMG_80091000.jpg

再び市内線で豊橋駅に戻って、特急で名古屋に向かいます。
IMG_80391000.jpg

名古屋からJRで大曽根へ。
専用軌道を走るガイドウェイバスを初体験しました。
IMG_80601000.jpg
途中カーブなどで速度制限があり、運転士さんは鉄道のように指差喚呼しながら運転していました。
なんでも大型2種に加え、無軌条電車の資格が必要だとか。

次は大曽根からJR中央本線で勝川まで移動して、東海交通事業城北線のディーゼルカーを堪能します。
IMG_80771000.jpg
このような街中で香ばしい排気漂う気動車に乗れるというのは不思議な感覚です。
勝川から枇杷島まで乗り、再び名古屋駅へ。
駅前できしめんを食べて、この旅をしめくくりました。
IMG_80941000.jpg

拍手ありがとうございます!!!!!!

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

宇治・天ヶ瀬ダム サイクリング

2017年04月22日(土)
IMG_2102_319.jpg

帰りは追い風に乗って楽に帰りたいので、休日に良い感じの北風が吹くのを待っていました。
今日は待ちに待った北風5m/s予報。 天気はれ。
宇治の天ヶ瀬ダムを目指します。

淀川をスタートし、緩い向かい風を受けながら八幡の背割りまでいつものコースを進みました。
御幸橋から府道81号線を宇治川沿いに。
途中、京阪電車の踏み切りがあるので撮影。
IMG_2102_413.jpg
軽量化のため今日はスマートフォンでの撮影です。 ちょっとでか過ぎました。おまけに障検装置を見落とすとは。

次は近鉄京都線。 全長162mもある大きな鉄橋です。真ん中に橋脚が無いのが凄い! 
IMG2102_462.jpg
 
宇治駅到着。 JR奈良線の鉄橋で103系を撮影。
IMG2102_358.jpg

京阪の宇治駅前で抹茶ソフトを食べてしばらく走り、吊り橋を渡ると天ヶ瀬ダムに到着です。
IMG_27421542.jpg
このような自然風景を見ると、遠くまで来たなぁ~という実感が沸きます。

IMG_2102_270.jpg
管理事務所まで行ったのですが、自転車を停められそうなところが無かったので引き返しました。
ダムカード欲しかったなぁ・・・。

今日の走行距離 86.91km


拍手ありがとうございます!!!!

| ブログトップ |     前のページ ≪ 現在のページ ≫ 次のページ

MSO-304 掃海艦「あわじ」一般公開

2017年04月01日(土)

今日は阪神基地隊で行われた、あわじ型掃海艦の1番艦「あわじ」の一般公開へ行ってきました。
IMG_78501000.jpg
全長66.8m 全幅11m 基準排水量690t

「あわじ」は、2017年3月16日に就役したばかりの最新鋭掃海艦で、老朽化した木造艦「やえやま」型の後継艦として誕生しました。
船体にガラス繊維強化プラスチックを使用し、やえやま型とほぼ同じ大きさながら約30%も基準排水量が抑えられました。
IMG_77581000.jpg
↑発泡ウレタンをGFRPではさむサンドイッチ構造の模型

掃海艦は海中に潜む機雷を発見・掃討することが主な任務で、機雷には金属船体が通過することにより発生する磁気の歪みなどに反応して爆発するものがあるため、掃海艦の船体は木造が主流でしたが、木造船を製作・整備する技師が老齢化したこともあり、最近ではこの艦のようにGFRP製の船体が造られるようになりました。
1545465432124.jpg
↑塗装の剥げた部分にガラス繊維が見えました。


装備関連では、前甲板部にJM61-RFS 20mm機関砲を搭載。 
事前の掃海作業でワイヤーを切断し、海上に浮かび上がった係維機雷等を爆破処分するための機銃です。
IMG_77111000.jpg
艦橋上部の可視/赤外カメラで照準・追尾することにより、これまで手動操作だった機関砲が無人化されました。
IMG_78421000.jpg


自走式機雷処分用弾薬(EMD)
IMG_77441000.jpg
カメラとソナーが装備されており、正確な距離は機密事項ということで教えてもらえませんでしたが、光ファイバーによる遠隔操作で機雷を捜索し、発見後は目標に対して自身の頭を押しつけるように接触、目標に対して指向性のある炸薬で自爆し、目標もろとも処分する一回きりの自走式弾薬だそうです。 
この弾薬は訓練用のため黄色ですが、本来は黒色だとか。


水中無人機UUV(Unmanned Underwater Vehicles) OZZ-2
IMG_77771000.jpg
HYDROID社製REMUS600を海上自衛隊向けにOZZ-2とした自律型無人潜水機で、事前にプログラムされたルートを潜行し、回収後にソナーデータなどを解析して水中の状況を調査するそうです。
基本的に自律型の無人航走ですが、横にコントローラーのようなものが置かれてありました。
IMG_77521000.jpg

「危険物ではありません」
3556154555.jpg
海岸でこんなものを見つけてしまうと、まず爆発物だと思いますよね?


磁気機雷掃海用電気ケーブル
IMG_77701000.jpg

たいがいの一般公開ではマストにW・E・L・C・O・M・Eを現した国際信号旗がかかげられています(写真ではLCOMEの部分)。
IMG_78351000.jpg

このあとは艦内へ移動
IMG_78081000.jpg

低速で正確な定速運用が必要な掃海艦らしく、エンジンテレグラフは低速域が細かく設定できる刻みになっていました。
22216434313.jpg

艦長室
IMG_78171000.jpg

あわじのロゴマーク 切り裂かれた機雷が掃海艦らしいデザインです。
423465432435.jpg


IMG_78721000.jpg

今日は阪神基地隊で新型掃海艦「あわじ」の見学をしました。


拍手ありがとうございます!!

profile

Author:E-Soichiro
休日カメラマン

いつも御覧いただきまして、本当にありがとうございます。
コメントをいただけると励みになります。

コメントをお送りいただける方で「非公開」でメッセージを送りたいという方は、「拍手コメント」へお願いいたします。
その際申し訳ございませんが、拍手コメントにはこちらから返信できません。

コメントでお話いただける方は、各記事のコメントへお書き願います。
こちらは管理人の承認後、一般に公開されます。

リンクは基本的にフリーです。
一言お声がけいただければ、相互リンクいたします。
長期に亘って交流の無いリンクに関しましては、期間を定めず管理人の判断により整理しますので、予めご了承願います。

それでは、よろしくお願いいたします。


-使用機材-(2017年1月現在)
Canon EOS1D MarkIV
Canon PowerShot G5X
PENTAX 6×7
Canon EOS1V HS(休)
Canon EOS1N RS(休)

SONY HDR-AX2000

自転車
SPECIALIZED
2015 TARMAC EXPERT

fc2counter
entry
category
archive
link
rss
qrcode
QR
copyright
Author by E-Soichiro

Designed by マンゴスチンw

また線路際で逢いましょう♪