ブログトップ > アーカイブ - 2016年11月

DDH 144 護衛艦「くらま」 舞鶴基地一般公開

2016年11月19日(土)

今日は舞鶴基地で行われた、来年3月に引退する護衛艦「くらま」の一般公開に行ってきました。

IMG_59991000.jpg

舞鶴基地では護衛艦DDH143「しらね」の引退以来のしらね型の入港ということで、多くの人で賑わっていました。
しらね型護衛艦は先代のはるな型に続き、対潜ヘリコプターを運用できる護衛艦で、この「くらま」は来年就役予定の
護衛艦DDH184「かが」の登場をもって引退することになっています。

↓横浜で艤装中のDDH184「かが」 2016年8月撮影
_X9C61371000.jpg

引退までの期間「くらま」は各地の総監部などを巡り、最後のお披露目を行っているところです。

しらね型の特徴といえば、なんと言ってもこれでしょう。
旧日本海軍の巡洋艦を彷彿とさせるシルエット、前甲板に2門の速射砲を備えている姿です。
_X9C65771000.jpg

Mk42 54口径5インチ砲 33発/分 最大射程23681m
_X9C67171000.jpg


後部には大きなヘリコプター格納庫があり、ここも「しらね」型のシルエットを形作る大きな特徴です。
IMG_60111000.jpg

「くらま」はこれまで50000回以上のヘリコプターの発着艦をこなしてきた大ベテラン。
隊員の方も誇りに思っているようでした。
IMG_59011000.jpg

IMG_59061000.jpg

日本の防衛のために尽くしてきた36年間、その弛まぬ信念は次の「かが」や次世代護衛艦に引き継がれていきます。
IMG_59071000.jpg

乗艦記念スタンプ 機関科の「やかん」マークが良いですね~。
この「くらま」は海上自衛隊で唯一現存する蒸気タービン艦で、お湯を沸かしてその蒸気でタービンを回し航行します。
img02800.jpg


一通り見学したあと、今度は水上から護衛艦を撮影するため、港めぐりの船に乗船しました。
DDG177「あたご」は夏ごろから入渠しています。
近々行われると言われていた、弾道ミサイル迎撃能力向上のための近代化改修でしょうか。
IMG_60911000.jpg

_X9C66641000.jpg

IMG_60971000.jpg


奥にはDDG175「みょうこう」も入渠しています。
_X9C67101000.jpg
イージス艦が2隻も同時に改修を受けるとは、よほど急いでいるらしく、日本を取り巻く環境がそれだけ大きく変化しているという事でしょう。 

DE-232「せんだい」 基準排水量2000トンと護衛艦としては比較的小型で、旧日本海軍の陽炎型駆逐艦などと似たような大きさ。
同じ型の「とね」で一度甲板に立った事がありますが、停泊中でもよく揺れていました。
IMG_61481000.jpg

DDH-144「くらま」 メインマストを頂点とした、前後に山なりのシルエットが巡洋艦らしくて美しいですね~。
IMG_61991000.jpg

DD-130「まつゆき」 2014年の展示訓練で乗艦した自分には特別思い入れのある艦
IMG_62051000.jpg

「まつゆき」「くらま」「ふゆづき」の並び
IMG_62091000.jpg

今日はあいにくの空模様でしたが、陸から海から甲板から護衛艦撮影を堪能しました。
護衛艦「くらま」、つぎは高松での一般公開に行こうと思います。

拍手ありがとうございます!!!!

profile

Author:E-Soichiro
休日カメラマン

いつも御覧いただきまして、本当にありがとうございます。
コメントをいただけると励みになります。

コメントをお送りいただける方で「非公開」でメッセージを送りたいという方は、「拍手コメント」へお願いいたします。
その際申し訳ございませんが、拍手コメントにはこちらから返信できません。

コメントでお話いただける方は、各記事のコメントへお書き願います。
こちらは管理人の承認後、一般に公開されます。

リンクは基本的にフリーです。
一言お声がけいただければ、相互リンクいたします。
長期に亘って交流の無いリンクに関しましては、期間を定めず管理人の判断により整理しますので、予めご了承願います。

それでは、よろしくお願いいたします。


-使用機材-(2017年1月現在)
Canon EOS1D MarkIV
Canon PowerShot G5X
PENTAX 6×7
Canon EOS1V HS(休)
Canon EOS1N RS(休)

SONY HDR-AX2000

自転車
SPECIALIZED
2015 TARMAC EXPERT

fc2counter
entry
category
archive
link
rss
qrcode
QR
copyright
Author by E-Soichiro

Designed by マンゴスチンw

また線路際で逢いましょう♪