ブログトップ > アーカイブ - 2014年07月

DDH-143 護衛艦「しらね」 最後の夏 -舞鶴地方隊展示訓練2014-

2014年07月25日(金)
舞鶴地方隊の展示訓練に参加してきました。

参加募集へ応募した当初、とある護衛艦に乗艦できればなぁ・・と思っていました。
それは、護衛艦「しらね」
_X9C85751000.jpg
1980年に就役した古い艦艇で、速射砲が前部に2門装備されており、大戦中の巡洋艦を彷彿させるシルエットと、なんといってもいまだに蒸気タービンで駆動する方式をとっていて、是非機関音を聞いて見たかったのですが・・・。
見事参加当選するも「しらね」に乗る事は叶わず、「まつゆき」という護衛艦に乗艦することになりました。
こちらの護衛艦は限られた空間に装備品をギッシリ詰め込んだ、シルエットが美しいとてもお気に入りの艦艇なので、「まつゆき」の文字を見たときには「よしっ!!」と喜んだものでした。

そうなれば、今回の撮影目標は来年3月で退役予定の護衛艦「しらね」の撮影となります。
最後の夏の雄姿、しっかり収めたいと思います。
またまた幸運な事に、隊列では我が艦の後方に「しらね」が位置すると言う好ポジション!!
さっそく切りまくりです。

乗艦する「まつゆき」が東舞鶴の北吸岸壁を出港して約1時間。
それまで艦橋にカブリ付きで操舵の様子を見ていたのですが、レーダーに西舞鶴港を出港した「しらね」が後方から接近する様子が表示されると、いそいそと後部甲板へ移動しました。
_X9C8290800.jpg
転進して我が「まつゆき」の後方へ隊列を作ります。

展示訓練の海域が近づくと次々と艦艇が現れ、前を走る「みょうこう」や「はまぎり」の航跡が複雑な潮流によりジグザグに広がるなか、見事な単縦陣を形成します。
「しらね」の後方に現れたのは補給艦「ましゅう」
_X9C8513800.jpg
「しらね」のマスト両舷にぶら下がっている赤いカゴのようなものは「速力マーク」といい、カゴの上下位置で艦隊行動を行うときなどに自分の速力を僚艦に伝えます。いまは隊列に並び終えたので、真ん中(前進半速 赤黒なし)。
後方から接近する「ましゅう」はまだ上(前進強速)にあります。
艦橋後部に居ると、シャー、シャーと航海科の方が忙しなくマークが付いた索を上げ下げする様子が見られます。

「ましゅう」の後ろはこんな感じ。
右から「ましゅう」「ひうち」「はやぶさ」「うみたか」 巡視船「ほたか」
_X9C84741000.jpg

このあと展示訓練が行われ、潜水艦「うずしお」や哨戒機「SH-60K」 「P-3C」も参加しましたが、こちらの模様は動画撮影のため、ここでは割愛させていただきます。

展示訓練のしめは「しらね」の祝砲
_X9C86341000.jpg
就役から三十数年間、一度も敵艦に発砲した事が無い平和の象徴ともいうべき祝砲と、前にテレビで言ってたのを思い出しました。

展示訓練終了。
陣形を崩し「はまぎり」は敦賀へ、「みょうこう」は舞鶴へと進路を取ります。
_X9C86491000.jpg


訓練海域から一気に舞鶴へ向けて帰還します。
「みょうこう」「しらね」 そして「まつゆき」と続きます。
ガスタービン機関特有の軽快な金属音のもと、第一戦速で舞鶴をめざします。
潮風がとても心地よい帰り道です。
_X9C8694800.jpg
その後予定通り舞鶴に到着し、展示訓練は無事終了しました。


下船後、西舞鶴港へ移動して夕暮れに佇む「しらね」を撮影
_X9C8863800.jpg
今日は一日、お疲れ様でした。


拍手・コメントありがとうございます!!!!!!!!!!

profile

Author:E-Soichiro
休日カメラマン

いつも御覧いただきまして、本当にありがとうございます。
コメントをいただけると励みになります。

コメントをお送りいただける方で「非公開」でメッセージを送りたいという方は、「拍手コメント」へお願いいたします。
その際申し訳ございませんが、拍手コメントにはこちらから返信できません。

コメントでお話いただける方は、各記事のコメントへお書き願います。
こちらは管理人の承認後、一般に公開されます。

リンクは基本的にフリーです。
一言お声がけいただければ、相互リンクいたします。
長期に亘って交流の無いリンクに関しましては、期間を定めず管理人の判断により整理しますので、予めご了承願います。

それでは、よろしくお願いいたします。


-使用機材-(2017年1月現在)
Canon EOS1D MarkIV
Canon PowerShot G5X
PENTAX 6×7
Canon EOS1V HS(休)
Canon EOS1N RS(休)

SONY HDR-AX2000

自転車
SPECIALIZED
2015 TARMAC EXPERT

fc2counter
entry
category
archive
link
rss
qrcode
QR
copyright
Author by E-Soichiro

Designed by マンゴスチンw

また線路際で逢いましょう♪