ブログトップ > アーカイブ - 2011年07月

山陰本線 117系団臨撮影

2011年07月26日(火)
jr-w-117-110726-3.jpg

今日は、117系の団臨が走るということで、国鉄型というだけで動画まで撮影している最近の趣味傾向から、本日も出動となりました。

朝早く着いたので、3004Mから撮影開始。
お気に入りポイントが草木に埋もれてしまっていたので、カード下から撮影。
少々迫力に欠ける4連にガッカリ・・・。
jr-w-287-110726-1.jpg
下夜久野-上川口 EF16-35mmF2.8L II USM 1/4000sec f3.5 ISO800

117系に備えて、移動します。
どこも線路際は草がボウボウ・・なかなか床下機器まで見える撮影ポイントがありません。
そんななかでも草刈がされた部分を見つけ、早速準備。
まずは、和田山までの回送シーンから。
最近めっきり聞かれなくなった、フォン・・フォン・・・のMT54モーターの音が懐かしい。
[広告] VPS

jr-w-117-110726-1.jpg
上夜久野-簗瀬 EF24-70mmF2.8L USM 1/2000sec f3.5 ISO640

和田山からの折り返しを狙うため、移動します。

さきほどの「回送」幕から「団体」に変わっています。
jr-w-117-110726-2.jpg
簗瀬-上夜久野 EF24-70mmF2.8L 1/2000sec f4.5 ISO640

117系通過後も撮影は続行。ですが、この辺りの特急は編成が短いので、綾部から東方面へ移動します。

立木駅へとやってきました。
今日は少し違う構図で撮影してみます。
いつもはこんな感じ↓(2011年3月撮影)
jr-w-183-110305-51.jpg

↑と同じ場所ですが、今日は空を大きく入れてみました↓
jr-w-183-110726-1.jpg
立木 EF16-35mmF2.8LⅡ 1/3200sec f4.0 ISO320
同じ場所でもレンズや天候、時間によって随分イメージの違う写真が撮影できますね。

次は安栖里方面へと移動して287系を撮影。
線形は良いのですが、架線柱やケーブルがうるさいこのポイントは立ち位置を工夫して、ケーブルをなるべく目立たなくさせました。
天気がイマイチですが、青々とした田んぼを入れて、季節感を出してみました。
jr-w-287-110726-2.jpg
立木-安栖里 EF24-70mmF2.8L USM 1/1600sec f5.0 ISO500

jr-w-287-110726-3.jpg
山家-綾部 EF24-70mmF2.8L USM 1/1000sec f8.0 ISO320

いよいよ117系の返しの時間が近づいて来ました。
なるべく光線の良い場所を探しました。
天気も回復して、良い青色が出ました。
jr-w-117-110726-3.jpg
山家-綾部 EF24-70mmF2.8L USM 1/3200sec f4.5 ISO400

このあと183系を撮影して、本日は閉店。

今日の道具
Canon EOS1DMarkIV
EF16-35mmF2.8LⅡ
EF24-70mmF2.8L

HP「Rail&AirLine」もよろしくおねがいいたします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

拍手ありがとうございます!!

profile

Author:E-Soichiro
休日カメラマン

いつも御覧いただきまして、本当にありがとうございます。
コメントをいただけると励みになります。

コメントをお送りいただける方で「非公開」でメッセージを送りたいという方は、「拍手コメント」へお願いいたします。
その際申し訳ございませんが、拍手コメントにはこちらから返信できません。

コメントでお話いただける方は、各記事のコメントへお書き願います。
こちらは管理人の承認後、一般に公開されます。

リンクは基本的にフリーです。
一言お声がけいただければ、相互リンクいたします。
長期に亘って交流の無いリンクに関しましては、期間を定めず管理人の判断により整理しますので、予めご了承願います。

それでは、よろしくお願いいたします。


-使用機材-(2017年1月現在)
Canon EOS1D MarkIV
Canon PowerShot G5X
PENTAX 6×7
Canon EOS1V HS(休)
Canon EOS1N RS(休)

SONY HDR-AX2000

自転車
SPECIALIZED
2015 TARMAC EXPERT

fc2counter
entry
category
archive
link
rss
qrcode
QR
copyright
Author by E-Soichiro

Designed by マンゴスチンw

また線路際で逢いましょう♪