ブログトップ > カテゴリ - 艦船

MSO-304 掃海艦「あわじ」一般公開

2017年04月01日(土)

今日は阪神基地隊で行われた、あわじ型掃海艦の1番艦「あわじ」の一般公開へ行ってきました。
IMG_78501000.jpg
全長66.8m 全幅11m 基準排水量690t

「あわじ」は、2017年3月16日に就役したばかりの最新鋭掃海艦で、老朽化した木造艦「やえやま」型の後継艦として誕生しました。
船体にガラス繊維強化プラスチックを使用し、やえやま型とほぼ同じ大きさながら約30%も基準排水量が抑えられました。
IMG_77581000.jpg
↑発泡ウレタンをGFRPではさむサンドイッチ構造の模型

掃海艦は海中に潜む機雷を発見・掃討することが主な任務で、機雷には金属船体が通過することにより発生する磁気の歪みなどに反応して爆発するものがあるため、掃海艦の船体は木造が主流でしたが、木造船を製作・整備する技師が老齢化したこともあり、最近ではこの艦のようにGFRP製の船体が造られるようになりました。
1545465432124.jpg
↑塗装の剥げた部分にガラス繊維が見えました。


装備関連では、前甲板部にJM61-RFS 20mm機関砲を搭載。 
事前の掃海作業でワイヤーを切断し、海上に浮かび上がった係維機雷等を爆破処分するための機銃です。
IMG_77111000.jpg
艦橋上部の可視/赤外カメラで照準・追尾することにより、これまで手動操作だった機関砲が無人化されました。
IMG_78421000.jpg


自走式機雷処分用弾薬(EMD)
IMG_77441000.jpg
カメラとソナーが装備されており、正確な距離は機密事項ということで教えてもらえませんでしたが、光ファイバーによる遠隔操作で機雷を捜索し、発見後は目標に対して自身の頭を押しつけるように接触、目標に対して指向性のある炸薬で自爆し、目標もろとも処分する一回きりの自走式弾薬だそうです。 
この弾薬は訓練用のため黄色ですが、本来は黒色だとか。


水中無人機UUV(Unmanned Underwater Vehicles) OZZ-2
IMG_77771000.jpg
HYDROID社製REMUS600を海上自衛隊向けにOZZ-2とした自律型無人潜水機で、事前にプログラムされたルートを潜行し、回収後にソナーデータなどを解析して水中の状況を調査するそうです。
基本的に自律型の無人航走ですが、横にコントローラーのようなものが置かれてありました。
IMG_77521000.jpg

「危険物ではありません」
3556154555.jpg
海岸でこんなものを見つけてしまうと、まず爆発物だと思いますよね?


磁気機雷掃海用電気ケーブル
IMG_77701000.jpg

たいがいの一般公開ではマストにW・E・L・C・O・M・Eを現した国際信号旗がかかげられています(写真ではLCOMEの部分)。
IMG_78351000.jpg

このあとは艦内へ移動
IMG_78081000.jpg

低速で正確な定速運用が必要な掃海艦らしく、エンジンテレグラフは低速域が細かく設定できる刻みになっていました。
22216434313.jpg

艦長室
IMG_78171000.jpg

あわじのロゴマーク 切り裂かれた機雷が掃海艦らしいデザインです。
423465432435.jpg


IMG_78721000.jpg

今日は阪神基地隊で新型掃海艦「あわじ」の見学をしました。


拍手ありがとうございます!!

ブログトップ > カテゴリ - 艦船

MST-464 掃海母艦「ぶんご」一般公開

2017年02月12日(日)

今日は、阪神基地隊にて「うらが」型掃海母艦の二番艦「ぶんご」の一般公開が行われました。
IMG_71981000.jpg
全長141メートル、基準排水量5700トン ディーゼル機関2基 19500馬力
IMG_72101000.jpg
掃海母艦ということですが、掃海艇支援にとどまらず後部甲板では輸送ヘリ支援も行えるほか、後部ハッチより機雷敷設まで行える多機能艦です。

掃海艇や練習艦「かしま」などと同じでこの艦も乾舷が非常に高く、乗艦するには長いラッタルを上らなければなりません。
IMG_72051000.jpg

前甲板に備わるオート・メラーラ社製 62口径76mm単装速射砲 8発/分 最大射程16000m 最大仰角は85度までとる事ができ、艦砲だけでなく対空砲としても威力を発揮することが出来ます。
IMG_7243800.jpg
今回は珍しい砲塔内部も見学することが出来ました。
IMG_7253800.jpg


磁気機雷掃海のための電気ケーブルを備えた巨大なリール。
これは自艦が使用するものではなく、掃海艇への供給のための予備品だとか。
IMG_72671000.jpg

係維(けいい)機雷の展示。海底の錘から伸びたケーブルで海中に留まり、黄色い角の部分に船底が接触すると爆発する機雷です。
IMG_7299800.jpg

艦尾格納庫には訓練用係維(けいい)機雷がごろごろ。 下の台のような円柱部分が錘。
IMG_72781000.jpg

IMG_72901000.jpg

次は艦橋へ。 
操舵輪です。 触らせてもらいましたが、なんの抵抗も無く軽く回りました。
IMG_73221000.jpg

レーダー画面 中心より上の部分は陸地で、建物や山が映り込んでいます。逆に右下側は海面のためスッキリとしています。
IMG_730910001.jpg


IMG_73301000.jpg

という感じで見学したわけですが、残念ながら1時間ほどで急遽一般公開は中止に。
急遽任務が入ったとかで昼過ぎには出航してしまいました。 恐らく高知沖の事故の影響かと思われます。
IMG_73631000.jpg


拍手ありがとうございます!!!!!!!!!!

ブログトップ > カテゴリ - 艦船

うどんの国へ! 護衛艦「くらま」一般公開への船旅。

2016年12月03日(土)

夜明け前、神戸港第三突堤へやってきました。
IMG_62611000.jpg

今朝はよく冷えていますが、天気は良さそう。
これからジャンボフェリーで、四国は高松にて一般公開される護衛艦「くらま」を見に行きます。

車両甲板は貨物車とマイカーが少々。
IMG_62781000.jpg


出港から約1時間で明石海峡大橋をくぐります。
IMG_63101000.jpg
正直、まだこんなところやったのかと、この先の長さに戸惑いがあります。

明石海峡は速い潮流で知られる難所で、航路中央を示すブイが潮流に洗われています。
IMG_63271000.jpg


ジャンボフェリーには売店の横に「うどんコーナー」というものがあって、名物フェリーうどんが食べられるようになっています。
朝が早かったので、ここらで遅めの朝食を。
IMG_63371000.jpg
シェフが陸上で丸一日かけて仕込む特製カレーうどんの「特製オリーブ牛100%カレーうどん」
これがめちゃウマでした。
キーマカレー風のルーに、伊吹島のいりこを使ったダシが最高。 
すっかりハマってしまい、帰りのフェリーでも食べることになりました(笑)

お腹も満たされてカレーで身体が熱くなったので、展望デッキへ出て涼みます。
IMG_63491000.jpg
瀬戸内海でも明石海峡を過ぎると、こーんなに広い海があるんです!
天気も良いし波は穏やか。
船が作る航跡を眺めるのが大好きです。
「風が恋を運ぶー♪ 海を遠く渡り~♪」
事ある毎に流れるジャンボフェリーのテーマがなかなか頭から離れない。

11時ごろ、経由地である小豆島の坂手港へ到着します。
IMG_63811000.jpg
山の上にぽっかり雲が沸くのは島らしい風景ですね。

坂手港接岸
IMG_64081000.jpg
この接岸の技は凄いです。なかなかの速度で頭を岸壁に当たりそうなまでギリギリに突っ込んだ後、スラスターを駆使して船尾をグイッと捻り込みピタッと岸壁に寄せました。
お見事!!

約10分ほど停泊して、船はまた高松への針路をとります。
だんだん高松に近づいてくると、瀬戸内海の島々がたくさん周りに現われました。
IMG_64201000.jpg

航路が狭く、けっこう島に近づくことも
IMG_64271000.jpg


点在する島を巧みに交わし、右へ左へ転針を繰り返します。
IMG_64361000.jpg

出港から4時間を過ぎたころ、ようやく高松港が見えてきました。
IMG_64381000.jpg


無事に高松へ上陸して、午後からの一般公開へ急ぎました。
会場には大勢の見学客が列をつくり、先月の舞鶴とは大違いやなぁと感心しました。

まずは岸壁から形式写真を。
IMG_64601000.jpg

バリ順! おまけに背景に余計なものが無く、最高です(笑)
IMG_64821000.jpg
あぁ、来て良かった~。 もう満足です。

美しいシアー!!
IMG_64931000.jpg

IMG_66001000.jpg
旧日本海軍が得意とした凌波性に優れた艦首形状がここにまだ生きています。
最近の護衛艦はレーダー反射面積を極力抑える為、どれも画一的で単調な形状をしています。

IMG_65131000.jpg
くらまの艦内では、引退記念のバスタオルと小物入れを購入。
護衛艦イベントではこのようなオリジナルグッズの販売も外せません。

見学の後、昼食にまたまたうどん屋へ。
IMG_66111000.jpg

ぶっかけ温玉いなり付き。
IMG_66121000.jpg
のどに詰まりそうなコシと弾力は讃岐うどんならではの食感。
麺にかすかな塩っけ感じられます。
ほんのり甘い小麦粉とのバランスは絶妙。

と、そんなことをしている暇がなくなってきました。
もう帰りの船の時間が迫っています。
あわてて店を出て、お土産を雑多に済まし、フェリーターミナルへ。
IMG_66201000.jpg
加藤汽船・・・なつかしい名前です。まだ看板が残っているんですね~。

帰りの船はさらにお客さんは少なく、50人程度くらいかな。
IMG_66281000.jpg
マイカーも3台っきり。

西の空には夕焼けが
IMG_66991000.jpg

今日は一日良い天気に恵まれました。

カーペットの区画はだれもいないので、貸しきり状態。
IMG_67281000.jpg
ノビノビ横になれます。

コンセントも使い放題の王様仕様
IMG_67291000.jpg
なんでこんなに!?

帰りはゆったり、今日撮った写真を眺めて過ごします。
IMG_67781000.jpg
明石海峡を過ぎれば、もうすぐ神戸。

20:55定刻どおり神戸港到着。
IMG_68051000.jpg
無事に今日の旅を終えることが出来ました。


拍手ありがとうございます!!!!!!!

ブログトップ > カテゴリ - 艦船

DDH 144 護衛艦「くらま」 舞鶴基地一般公開

2016年11月19日(土)

今日は舞鶴基地で行われた、来年3月に引退する護衛艦「くらま」の一般公開に行ってきました。

IMG_59991000.jpg

舞鶴基地では護衛艦DDH143「しらね」の引退以来のしらね型の入港ということで、多くの人で賑わっていました。
しらね型護衛艦は先代のはるな型に続き、対潜ヘリコプターを運用できる護衛艦で、この「くらま」は来年就役予定の
護衛艦DDH184「かが」の登場をもって引退することになっています。

↓横浜で艤装中のDDH184「かが」 2016年8月撮影
_X9C61371000.jpg

引退までの期間「くらま」は各地の総監部などを巡り、最後のお披露目を行っているところです。

しらね型の特徴といえば、なんと言ってもこれでしょう。
旧日本海軍の巡洋艦を彷彿とさせるシルエット、前甲板に2門の速射砲を備えている姿です。
_X9C65771000.jpg

Mk42 54口径5インチ砲 33発/分 最大射程23681m
_X9C67171000.jpg


後部には大きなヘリコプター格納庫があり、ここも「しらね」型のシルエットを形作る大きな特徴です。
IMG_60111000.jpg

「くらま」はこれまで50000回以上のヘリコプターの発着艦をこなしてきた大ベテラン。
隊員の方も誇りに思っているようでした。
IMG_59011000.jpg

IMG_59061000.jpg

日本の防衛のために尽くしてきた36年間、その弛まぬ信念は次の「かが」や次世代護衛艦に引き継がれていきます。
IMG_59071000.jpg

乗艦記念スタンプ 機関科の「やかん」マークが良いですね~。
この「くらま」は海上自衛隊で唯一現存する蒸気タービン艦で、お湯を沸かしてその蒸気でタービンを回し航行します。
img02800.jpg


一通り見学したあと、今度は水上から護衛艦を撮影するため、港めぐりの船に乗船しました。
DDG177「あたご」は夏ごろから入渠しています。
近々行われると言われていた、弾道ミサイル迎撃能力向上のための近代化改修でしょうか。
IMG_60911000.jpg

_X9C66641000.jpg

IMG_60971000.jpg


奥にはDDG175「みょうこう」も入渠しています。
_X9C67101000.jpg
イージス艦が2隻も同時に改修を受けるとは、よほど急いでいるらしく、日本を取り巻く環境がそれだけ大きく変化しているという事でしょう。 

DE-232「せんだい」 基準排水量2000トンと護衛艦としては比較的小型で、旧日本海軍の陽炎型駆逐艦などと似たような大きさ。
同じ型の「とね」で一度甲板に立った事がありますが、停泊中でもよく揺れていました。
IMG_61481000.jpg

DDH-144「くらま」 メインマストを頂点とした、前後に山なりのシルエットが巡洋艦らしくて美しいですね~。
IMG_61991000.jpg

DD-130「まつゆき」 2014年の展示訓練で乗艦した自分には特別思い入れのある艦
IMG_62051000.jpg

「まつゆき」「くらま」「ふゆづき」の並び
IMG_62091000.jpg

今日はあいにくの空模様でしたが、陸から海から甲板から護衛艦撮影を堪能しました。
護衛艦「くらま」、つぎは高松での一般公開に行こうと思います。

拍手ありがとうございます!!!!

ブログトップ > カテゴリ - 艦船

巡視船「あきつしま」 横浜港

2016年08月06日(土)
横浜港にて巡視船「あきつしま」を撮影しました。
昼のような夜のような不思議な雰囲気が出せればと、微調整を繰り返しました。
IMG_44011000.jpg

拍手ありがとうございます!!!!!!!!

profile

Author:E-Soichiro
休日カメラマン

いつも御覧いただきまして、本当にありがとうございます。
コメントをいただけると励みになります。

コメントをお送りいただける方で「非公開」でメッセージを送りたいという方は、「拍手コメント」へお願いいたします。
その際申し訳ございませんが、拍手コメントにはこちらから返信できません。

コメントでお話いただける方は、各記事のコメントへお書き願います。
こちらは管理人の承認後、一般に公開されます。

リンクは基本的にフリーです。
一言お声がけいただければ、相互リンクいたします。
長期に亘って交流の無いリンクに関しましては、期間を定めず管理人の判断により整理しますので、予めご了承願います。

それでは、よろしくお願いいたします。


-使用機材-(2017年1月現在)
Canon EOS1D MarkIV
Canon PowerShot G5X
PENTAX 6×7
Canon EOS1V HS(休)
Canon EOS1N RS(休)

SONY HDR-AX2000

自転車
SPECIALIZED
2015 TARMAC EXPERT

fc2counter
entry
category
archive
link
rss
qrcode
QR
copyright
Author by E-Soichiro

Designed by マンゴスチンw

また線路際で逢いましょう♪